トップ お米屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お米屋さんナビ毎日付き合うお米だから > お米、どこで買いますか?

お米、どこで買いますか?

お米、どこで買いますか?の画像

お米は、昔ならお米屋さんだけで取り扱われていましたが、現代はスーパーマーケットでお米を購入するという人が多く、最近では、インターネットでもお米を買うことができるようになっています。お米をどこで買うかという選択肢も広がっているので、自分のライフスタイルに合わせて、好みの品種のお米を置いている店などを探して、お米を購入することができます。お米をどこで買っても、それぞれにメリットがありますので、どのような選び方ができるのかということを知っておきたいものです。

お米屋さんでは、品種ごとに玄米の状態でお米が販売されていることが多く、購入するときに玄米から好みの状態に精米してくれることがほとんどです。お米屋さんですから、お米の品質に信頼がおけ、精米の程度を選んでおいしいお米を購入することができるのが最も大きなメリットになると思われます。地元の農家から直接仕入れたような、地元産のお米を多く扱っていることが多いのも、お米屋さんの特徴になるのではないかと思われます。

また、お米は5キロや10キロ単位で購入することが多く、重たいものですが、お米屋さんでは気軽に配送も受け付けてくれるのが嬉しいところです。スーパーマーケットでは、比較的安い価格でお米を購入することができるのが、なんといっても大きなメリットになると考えられます。最近では、スーパーマーケットでも、さまざまな品種のお米を取り扱っているところもありますので、必要だと感じたときに、手軽にお米を選んで購入することができます。

通販でお米を買うというのは、まだ体験している人も少ないのですが、産地や品種、無農薬などの希望条件を入力すれば、探しているお米を見つけることが意外と簡単にできるのです。それぞれのブランドのお米の情報なども事前に確認してからお米を購入することができるので、名前に惹かれて買ったけれども、どのようなお米なのかはわからないといったようなこともありません。通販ですから、指定日に配送してもらうことができるという点もポイントになり、これから利用者も増えていくのではないかと思われます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


お米屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 青柳米店 新潟県加茂市小橋1丁目4−15 電話0256-52-0797

今日のお勧め記事 ⇒ お米と水との相性

お米の品種にこだわる人は、炊飯の際の水にもこだわりがあると思われますが、それは洗米後の浸水の段階での水にかぎったことではありません。炊飯の時だけではなく、洗米の時点からこだわった水を使用することで、お米が少しずつ水を吸う洗米の段階からおいしい水をお米に浸透させることができるのです。 そこで気になるのが、お米と水との相性なのですが、水には、大きく分けて2種類あり、軟水と硬水がありますが、日本のお米の炊飯に向いているのは、軟水のほうです。軟水がお米の炊飯に向いているのは、水の粒

お米屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。