トップ お米屋さんナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

お米屋さんナビお米の専門家になる > お米マイスターになるためには

お米マイスターになるためには

お米マイスターになるためにはの画像

お米マイスターを目指したいと考えるなら、まずはお米の良さを知っていて、お米が好きであるということが、なによりも求められる資質だと思います。お米についての幅広い知識を持ち合わせていることが、お米マイスターに必要な要素となりますが、その知識をお米の購入者に伝えるために、コミュニケーション能力やある程度の話術なども持ち合わせていたいものとなります。

お米マイスターとなれば、お米の品種の違いや、精米方法、お米のブレンドの相性や、より良い炊飯の方法など、お米への豊富な知識が必要とされますし、実際に自分の目でお米選びをする実力も期待したいところとなります。お米マイスターになるためには、お米マイスターの講座を受講して、その後に実施される試験に合格することが必要となります。お米マイスターを目指すためには、幾つかの条件がありますが、米穀の販売を届け出ている事業者で、実際に小売業を営んでいる経営者やその家族、またそこで働いている従業員などが、お米マイスターの受講対象者となります。

お米を食べることが好きでも、お米を購入する側でしかない消費者という立場だけでは、お米マイスターを目指すことができないということになります。さらに都道府県には、それぞれ米穀小売組合と呼ばれる組合がありますが、その組合の加入者であるということや、米穀小売業を5年以上営んでいることも、それぞれ受講条件となります。

お米マイスターになるための講座では、お米の栄養についての基礎知識、お米の品種について、新型の品種についても知識を得たりすることができるほか、精米方法の違いや、お米の炊き方や保存方法なども順番に受講していきます。お米の表示ついての学習や、お米をより効果的に販売するために、店舗内のレイアウトや、お米について消費者と対話する際の接客方法など、お米そのものの知識ではなくても、お米の販売に重要な事柄もお米マイスターの受講内容に含まれています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


お米屋さんナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 青柳米店 新潟県加茂市小橋1丁目4−15 電話0256-52-0797

今日のお勧め記事 ⇒ 日本では寒い地方で作られる米

日本以外の世界を見渡せば、世界のほかの国々でもお米が作られていて、中でもインドや中国などは、日本にお米作りを伝える役割をした国であるといわれています。現在も世界の国々でお米作りがされていますが、そのほとんどは、熱い地方での生産であることが多いようです。ですが、日本では全国的にお米が収穫されているものの、伝統的なお米の品種や人気が高い品種などは、寒い地方で作られているお米であることが多いようですので、少し不思議な気がします。 世界のほかの国々と日本では、お米が作られている地方

お米屋さんナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。